カテゴリ:海外FOCUS( 28 )
嘔吐
a0021980_2039253.jpg
每次遇到這樣激動的日子,我媽就沒辦法進廚房煮飯,全家人忍著挨餓齊聚電視機前直到最後一刻消息揭曉。如果是壞消息,可能去巷子口麵攤買幾碗擔仔麵跟滷味回來吃個兩三口也是食不知味,如果是好消息,就會騎機車去市中心的餐廳買個高級一點的壽司回來慶祝一下。
而此刻,聖地變荒地,又是一個精神拒絕進食嘆氣不停的夜晚。
一直望著逐漸被藍色侵蝕的台灣版圖,那無法消化的錯愕與悲憤該如何是好。老爸考慮舉家遷居嘉義縣,當身邊的人逐漸墮落變節,膚淺投機謀圖進利,一直堅持誠懇的人該從何安身立命。
1934年,陳澄波筆下的嘉義街中心,在他騷動撩亂的油彩之下,嘉義噴水池前是陽光閃耀的,人氣興旺的。
這樣的風景已不復存,哀悼吾鄉。唉!頓失回家的動力。
[PR]
by toughkyo | 2005-12-03 20:41 | 海外FOCUS
有些事情一定要堅持
a0021980_4383322.jpg
倒數8天。整座福爾摩沙接近沸騰了嗎 ! 半夜兩點,我的設計師朋友們都還不睡,有些上網寫稿參加連署,有些在公司連夜趕製大字報,因為明天要遊行要拜票。我很羨慕而且感動,過去曾一起努力過的事情,他們現在都還勇敢的堅持著。要不是現在身處暴風圈外,遠水不達近火,不然我大概會是最奮不故身最容易激動的那一個。
這次有很多建築都市學界業界的專業者都站出來連署,他們挺的不是政治明星,挺的是身為專業者該有的尊嚴。把焦點回歸政策面,高品質的都市發展經驗應該被延續下去,堅持的是身為專業者對於環境的尊重。
所謂看事情要看本質,投票前多少人細讀過候選人的政策?(當然可能有人會說願景都被拿來當牛肉賣,選舉時當口號喊),其他縣市不敢多作評論,但是宜蘭與台中地區候選人所提出的都市規劃的遠景是比較值得期待的,高品質的規劃需要大家的認同與支持。
別小看這單薄的選票,唯有付諸行動,才能改變歷史,創造集體永續利益。

搶救宜蘭行動大聯盟
佳龍時報

宜蘭告急台北台中告急我家鄉也告急阿! 明晚是這邊留學生的尾牙。請祝福我手氣火旺抽中來回機票吧!要是抽中我一定二話不說回去投票! (去年立委選舉有機票我卻沒回去後悔至極。)

另外設籍宜蘭的鄉親希望您能點進去看下面這篇文章。難以複製的「宜蘭經驗」,是宜蘭人克服發展條件限制、創造集體永續利益的過程,高品質的宜蘭經驗應該被捍衛下去。

轉載:寶貴的宜蘭經驗應被堅持
[PR]
by toughkyo | 2005-11-25 04:41 | 海外FOCUS
地味ながら謝謝
a0021980_18175535.jpg
ここ一週間、ミラーサイトのカウンター、普段より十倍のアクセス数です。何でやろうと思って調べてみたら、なんといつの間に、ホスティングサービス会社からピックアップされたの。利用歴まだ半年も経っていない、デザインも文章もアマチュアでマイペースでやっているのに、とても恐縮してしまいました。ちょっとラッキーすぎる、信じられない。こんな小さいグッドニュースだけでも少しは癒された、ありがとう!樂多
最近よく思うことは、「人への感謝の気持ち」です。自分を必要としてくれる人へ、身近な人へ、周りの人へ、感謝の気持ちをもちながら行動すれば、自分を信じてついて行けば、心は自由なり、素直になり、きっといい結果につながると思いますよ。
原來,最近幾天計數器暴增十倍的原因就是"它"(如圖),竟然不知不覺被撿出來進軍台灣部落格界?,真是貽笑大方了。怎麼會突然這樣幸運的成為焦點,著實是會臉紅偷笑到想學鴕鳥暫時掩蔽一下。才疏學淺筆又禿,但是會努力的沙沙奔馳寫到老。只能用這麼不精采的方式來說謝謝啦,謝謝樂多的熱情抬愛。
最近真的體認到常存感謝的心情那是很重要的喔,對親人也好朋友也好或是萍水相逢擦肩而過的人都好,總之,要知恩圖報,被愛與付出愛達到相衡,才是真正的幸福。
[PR]
by toughkyo | 2005-11-03 18:23 | 海外FOCUS
TAMSUI TOWN
a0021980_21483178.jpg偶然在網路廣播的廣告時間,聽到這樣的敘述。
「話說200萬年前,大屯火山群噴發,熔岩向四周流去,凝結後形成了一條條低緩的餘坡,看起來像是隻大手。這五條如手指般的丘陵,就是我們俗稱的「五虎崗」。
你可以把左手伸出指向觀音山,手背向上,淡水河從小指指尖流向大姆指,大姆指就是第一崗,滬尾砲台位在指尖處,食指是第二崗,以紅毛城為主角;第三崗是中指重建街、清水街一帶,最高處就在清水祖師廟,第四崗是無名指,重心在淡江大學和鄞山寺,小指是第五崗,上面有聖本篤修道院。」

吼~~太浪漫,有點手足無措的那種。
總是會被這樣微不足道的事情牽動那最底層神經,開始想家。想念淡水。

a0021980_2148424.jpg淡水古蹟園區
[PR]
by toughkyo | 2005-11-02 21:46 | 海外FOCUS
Survey memo 4. BIG Orange
a0021980_0492182.jpg
六線譜。單音決勝負。
a0021980_053557.jpg
屋頂冒泡泡。
[PR]
by toughkyo | 2005-09-29 23:46 | 海外FOCUS
Survey memo 3.老人
a0021980_23193113.jpg
我的老街苦行來到了中部,這邊的街屋大致上都屬磚造,呈現較為樸素簡麗的風格。草屯因為921的關係剩不到十棟,大里的街屋非共同壁,每家每家自己建造的木構亭子腳十分精采。房裡是鮮為人知秘藏的古城,土角厝與巷弄被陽光折成美麗的日影,陣陣海風更是襯托了臨海小鎮的生氣,大甲的街屋是加強版,柱子天花面寬,都比其他地方大了一號,感覺非常阿莎力。
a0021980_23195474.jpg
拜訪了這麼多小鎮,發現許多老人家通常會在下午三四點搬張板凳出來門口坐,歐巴桑揀菜聊天準備晚餐,歐吉桑抽菸畫虎爛,這真的是,世界上唯一無二的,最美好幸福的台灣午後風景了呢。
a0021980_23202727.jpg
フィールド調査は台中に入りました。二つの山間町や二つの港町を訪ねた。中部のショップハウスは大体レンガ造ですが、素朴で美しい。
台湾のお年寄りは、夕方に家の前に小さいベンチを座って、近所の人や知り合いとか仲間が集まって、気楽に話し合ったり、囲碁したりする。台湾語で亭子腳という渡り廊下の空間に、いろいろな楽しいイベントを行います。こんなごく普通の街の風景を見ていたらとても幸せそうでいいなあって思っている。
[PR]
by toughkyo | 2005-09-27 23:21 | 海外FOCUS
Survey memo 2.看板
a0021980_18161747.jpg雲林や台南あわせて、5つの町に回りました。気になるのは、統一されたの看板問題。同じデザイン、同じサイズ、同じかけ方、一見、整備されているやんと思いつつ、実に言うと最悪のやり方。
巨大な立て看板は台湾の市街地の特徴の一つであり、看板を付けないといけない、お客さんが来ないという庶民的に商売の習慣である。
a0021980_18155710.jpgしかし、こんな貴重な文化財建物の正面に看板をかけること、あまりにひどくて許せないことなのに、せっかく現地の文化活動グループや住民たちが町づくりへの関心が高まってきたし、なぜこんな面白くない看板改造を企画されたのか理解できない、画蛇添足だし、整いそろえること≠綺麗なことと思っています。
都市の進化、多くの試行錯誤が伴いますね。
他には、交通改善のため道路を広げ、建物の前部が壊されたり、改築されたり、洋風建築などの伝統的建造物が数軒しか残されていないし、昔と今とが混住しながら、懐かしさを感じられない町並みになってしまった。

ヒアリングから得たデータ、1999年の大震災の怖さを忘れないため、家は文化財建物になるより、もっと強く長持ちの家を建て替えたいという住民たちの強い要望がある。
a0021980_1817892.jpgやはり皆、古いものより新しいものに惹かれちゃうからかなぁ、調査しながら、額にはタテ線三本だ。
へこむ気持ちと戦いながら、今度いくつのいいsliding doorを発見、シンプルで、時代感の美しさをキャッチできます。a0021980_18191255.jpg
[PR]
by toughkyo | 2005-09-19 18:22 | 海外FOCUS
Survey memo 1.秋老虎
a0021980_16575442.jpg
帰国わずか4日目。なんとか体重1.5キロを増!間食もするし、ごはんもお腹いっぱい食べますが(おお~~危ない~こんな倍率で行ったら、二週間後別人になるちゃう…)
毎日ほぼ朝9:00に家に出て、現地着いたらもう10時すぎた。写真を撮って、ヒアリングして、面積を測って、図面を記録して、昼食は町の屋台でちょっと休んで、快可立(ドリンクスタンド クィクリー)を買って、再び調査に戻る。
紫外線が一番強いのは、午前10時~午後2時ですね。ちょうど紫外線のピーク時に働くのはすごくしんどいです。
町のガソリンスタンドの蛇口から出てきた水、、いや、水ではないです、完全に沸かしているお湯になっている。ですから、帽子、サングラス、日焼け止め、長袖、マスク、不審者と思われちゃうような格好をしても無駄!!>_< 調査はとても大事やけど、お肌、泣いているよ~~
[PR]
by toughkyo | 2005-09-18 23:56 | 海外FOCUS
状元の部屋
うちの弟最近やっと二十ヶ月の兵役義務を終えて、就活戦線に乗り込んでた。最後は公務員に決めたの、しかも国家試験に「状元」(注1)になったようです。私よりも10倍真面目な弟よーさすがね!だーけど、こんな優秀な人でも不安だったりする、弱いところがあるんだぁ。弟の就職先は台北で、地元を出て初めて一人暮らしをすることになった。
ラッキーですぐいい部屋を見つけたもので、次はインテリアの問題ですね。(さぁ、姉の出番です!)まず家具を選ぶこと、知っているショップを紹介したり、便利グッズを教えたり、イメージ写真を見せた。部屋の寸法まで測ってもらって、こちらcad図を作成する(慎重しすぎー^▽^)まるでネットde先生みたいやな。こんな不器用な姉にとって、少しでも役立てばうれしいなぁ、、と。
しかし、弟も自分のアイディアがあるから、私の言うことを全部聞くわけではないし、日本との生活習慣も違いだね。私は日本の部屋にだいぶ慣れてきているので、あっ、向こうはこういうものがないな、あっ、そんなものがあるんだぁ…えっ、床はタイルを貼っているの?そーか、押入れがないもんね、ベランダもないね…など、あほな問題を連発。結局「なるほどね」しか言えなくて、逆に弟から「現代若者の部屋の実態」をいろいろ教えてくれた。

弟の話により台湾若者の部屋らしい、定番、不可欠なものは、、、a0021980_3272354.jpg写真:左から組立てパイプたんす+ナイロンカバー(懐かしい)、ちょぃおしゃれなライト(意味不明)、プラスチック床パズル(こりゃ超ダサイだけど、給料貯めたら替えるだと)、最後は私が追加入れた「ティッシュタイプトイレペーパー」(普段は家でロールを使わないぜ!私も日本に来たときすごくカルチャーショックだった。)
そして、私の意見がほとんど適用されない弟の部屋、どうなるでしょう?楽しみしている。

注1:「状元」は試験で首席合格したものをいう。ついでに、二位を「榜眼」、三位を「探花」と呼ぶ。「元」は「はじめ」の意味で、合格者名簿 (状) の先頭に名前が書かれるから「状元」という名称になった。中国で漢代から清代に至る間に行われた官吏登用試験「科挙」の言葉だけど、現代の大学入試などでも広く通用されている。
[PR]
by toughkyo | 2005-08-25 03:25 | 海外FOCUS
119
a0021980_3521160.jpg
台南市にある旧台南合同庁舎,現在消防や警察署として使われている。1938年竣工、間中の塔は1926年に昭和天皇即位を祝うため建てられ、御大典記念塔と呼ばれている。1937年以降、左右の両翼が中庭を取り囲むようにして増築され、ほぼ現在の建物が完成した。記念塔は当時一番高いビルであり、上部は見晴らし台を設け、町全域の火事等事故を見渡すことができるのだ。塔身や主入り口側に四つの円窓を飾られ、シンプルで現代感覚溢れる建築である。
去年のクリスマスに、「119」がライトアップされてたようで、目立つ赤色のシンボルちょっとダサいところが面白かったよ、全国的にみてもユニークな存在 となっています。

More
[PR]
by toughkyo | 2005-08-06 03:31 | 海外FOCUS