カテゴリ:私選RECIPE( 21 )
Cafe*1
a0021980_15195456.jpg
民宿住まい以来の食生活は、ほぼコンビニかマクド。やはり、女の子一人でも気軽に入れる店は限られているかなぁ気がする、目立つのは嫌やし。というわけで、CafEに行くことが増えてきた。昼も夜も甘いものばかりで、ちょっと胃もたれって感じもするやけど。この頃三条に出没することが多かったが、その辺のCAFE1軒をピックアップ。
席のバラエティーは豊富。ソファー席、白タイルのテーブル、カラー椅子、WOODY系など、その日の気分に合せて、お好みの席を選びましょうって感じ。それで、また行きたくなる。

OPAL http://www.cafeopal.com/
[PR]
by toughkyo | 2006-03-30 15:21 | 私選RECIPE
チーズケーキ
a0021980_342526.jpg
久々に友人のMちゃんとデパートでショッピング。気に入ったブランドの新作ジーンズと春らしいワンピースを買っちゃった、けれど今の体型よりやや大きいサイズのものにした。いつか、元の体重に戻るかもしれない、元の体型のサイズにしたほうが無難かなぁ…と思っていたわけ。
体重の回復は停滞気味。拒食は、治るわけでも悪化するわけでもなく、地味に調子の悪い状態が続いている。そんな中、送別会、オイコンも4回くらいに行ってたのだが、飲みばかりで、きちんと食事をとることもできなかった。
早く肉を増やすために、憧れのチーズケーキ屋さんに訪ねてみた、ティタイムにはいつも行列が長い超有名店。店内の空間はアットホーム的で、温かみがありゆったりと落ち着ける。もちろん味も最高です。濃厚なクリームチーズは一度食べるとやみつきになるなぁ。。。

パパジョンズカフェ
[PR]
by toughkyo | 2006-03-05 03:43 | 私選RECIPE
ワスレナグサ
a0021980_18151512.jpg今日、同期の友だちと一年ぶりの食事会で、沖縄料理に行きました~。世間話、恋の話、過去と未来の話をして、普通にお酒を飲んで、普通に喋って笑って、何かすごい落ち着く。楽しいだからこのまま時間が止まってほしいという一生に忘れない瞬間。店の人に記念写真を撮ってもらった。その写真今はその店の掲示板に飾っている。あまりに寂しすぎるで、、、すごい哀愁チック。

a0021980_1819147.jpg←沖縄コロッケ盛合わせ + てびち煮込み

突然想起國小國中要畢業時,流行寫畢業紀念冊的事情。個人檔案,明星小卡,幾句祝福的話,其中最經典的莫過於是「勿忘我」,然後「勿」的「勹」還會故意往下拖很長,把「忘我」框起來為止。總之,只是突然想起這件事而已。

「ワスレナグサ」是一種藍紫色五花瓣的可愛小花,英文名是Forget-me-not。
[PR]
by toughkyo | 2006-02-22 23:27 | 私選RECIPE
塔芙家の食卓 第二弾
a0021980_2422354.jpg
最近食べ物のネタがかなり多いですが(^^;)スミマセン、今日もまた。本日は和食?にしてみました。初チャレンジメニューは左のアボカドとエビのサラダ、上にカッテージチーズをのせる、わさび醤油をつけて食べる。
(B)実家から送ってもらった「醤油膏」(西螺丸莊)♪とても重宝です。(注:「醤油膏」とは、コテコテ、甘めの台湾醤油ソースです)
(A)この頃はまっている信楽焼のビアカップです。本当にきめ細かい泡ができているよ、ちょっといいものです。
鯛あらの味噌汁もおいしかった、またまた食べすぎでした・・・
(自己採点★★★★☆)留学生活の最後、ようやく料理のおもしろさがあると悟った気がするなぁ。

不知不覺又到了冷到會流眼淚的嚴冬。這種季節最大的娛樂不是冬眠就是暴飲暴食,身體必須透過這種方式來製造抗寒的能量。所以本格暫時大概會隨波逐流充斥一堆食物話題,請多多見諒。今天作的很像日式料理又彷彿不是,不知該說它是什麼,五四三吧。最左邊是第一次挑戰的酪梨鮮蝦沙拉,上面灑一些cottage起士,然後沾哇沙米醬油吃。
(B)特別要提一下這可是醬油膏呢,家裡漂洋過海寄來的西螺丸莊醬油膏,只有一瓶,好珍貴!要省著點用。(A)最近迷上了一種名為信樂燒的陶器,用這種陶製的杯子來喝啤酒,泡沫真的會細到跟卡普奇諾一樣耶!
在留學生活剩下數個月之際,才總算頓悟所謂的庖廚樂,真是既慚愧又感慨阿。
[PR]
by toughkyo | 2005-12-12 23:41 | 私選RECIPE
食欲のろうげつ
a0021980_20479.jpgやっと修論の中間発表が無事終わった、ちょっと息抜き♪久しぶりに焼肉を食べました。焼肉と言っても牛肉だけじゃありません、メインは豚トロだったりするんだけど・・・。牛肉アレルギーの私がいつも野菜、豚、とりばかりを頼んでいた。(多分店員さんも、あの人何をしにきたのだろう?などと思われちゃうよなぁ)。待望の映画を観られたし、美味しいものを食べて満足で満腹な週末でした♪
忘年会シーズン、クリスマスモード、何かと忙しい師走の日々。来週から早起きして、図書館漬けです、年賀状のデザインも考える。今年の残り三週間をがんばろう。
[PR]
by toughkyo | 2005-12-10 23:01 | 私選RECIPE
塔芙家の食卓
a0021980_17451850.jpg
数週遅れでボジョレーヌーヴォーを開けた、特にお祝いすることもないんやけど、とりあえず夕食時に乾杯!ワインに合うメニューを考えていろいろ試してみたかったが、ちょっと作りすぎで食べすぎちゃった。クリスマス先取り♪といった感じでちょっとうれしい気持ちになります。
晚了好幾週的薄酒來新酒終於砰一聲響亮登場!雖然沒什麼值得慶祝的大不了的事情,總之先乾杯再說。考慮了很多菜色來跟紅酒搭配,奶油考雞翅,黑胡椒生火腿+法國麵包,酒悶菠菜,岩鹽番茄起士沙拉,實在是野心太大沒事作太多料理吃的非常撐。不過有一種先搶過聖誕節的開心感覺,自嗨中。
[PR]
by toughkyo | 2005-12-05 23:46 | 私選RECIPE
コダワリ
a0021980_0564032.jpgボジョレーヌーヴォー解禁以来、なぜまだ買ってないかって?理由はこの待望の逸品を待っていたからだ。先月のCASA BRUTUSに掲載された広告を見ててめっちゃ一目惚れだったんです!絶対これを使ってワインの栓を抜こうと強く思っていたわ。今日やっとゲットした☆早くワインを飲みたいやけど、抜歯したばかりで禁酒されている、来週まで我慢しよう。
MUJI。ワインオープナー(約5.5*高さ7.5cm) 価格:600円
説明:パリの蚤の市で見つけたシンプルなコルクスクリューです。

a0021980_0572491.jpg都還沒去買今年薄酒來新酒原因就是因為【它】!期待已久的夢幻逸品!!在上個月的CASA BRUTUS看到全頁廣告就完全被迷住了!所以當下立刻決定今年一定要用這超好看的開瓶器來拔軟木塞。今天終於買到手,真是滿心歡喜哪。可惜剛拔完智齒還處於禁酒期,雖然非常想喝也只能忍到下週囉。
MUJI。鋁質開瓶器 。定價:日幣600円
說明:尋自巴黎跳蚤市場的葡萄酒開瓶器
[PR]
by toughkyo | 2005-12-01 23:55 | 私選RECIPE
だし巻きたまご
a0021980_16375561.jpg料理の才能がない私、だし巻き卵初挑戦!焼いて巻いているだけなのに、上手に作るのは、なかなか難しいね...。一から教えてもらっても、コツをのみこめない、知易行難でしょうか、料理のセンスがないでしょうか。
FIRSTだし巻き卵は、焼きすぎちゃったーー。これから週一回くらい練習します!

<recommend>
◆百万遍あたりのSAEZURIの出し巻き卵、絶品です。
三木鶏卵(京都有名店)
[PR]
by toughkyo | 2005-10-26 16:43 | 私選RECIPE
味噌好き
a0021980_20484221.jpg本田味噌大概在一百七十多年前創業,本田家的第一代據說是因為做麴(酵母)的技術高超,所以被召見成為宮中貴族料理的御用味噌師傅。到了明治維新時代才開始開店販售給一般民眾。
味噌的味道據說跟氨基酸的味道是一樣的,由黃豆的蛋白質被酵素分解以後所組成的。中國有豆瓣醬,越南也有魚味醬,對亞洲人而言,味增大概是除了鹽以外另一個重要的調味料,地位就相當於歐洲人用的胡椒或醋吧。

味噌好きのあたしは、やっと本田味噌にたどり着いた。アイスクリームみたいみそがいっぱい並んでいる!とにかく興奮気味。まずあさげと赤だしをゲットしました。果たしてお味はどうでしょう。あー楽しみ!!
[PR]
by toughkyo | 2005-10-18 18:39 | 私選RECIPE
soupcurry2
a0021980_3561345.jpg最近かなりスープカレームードです☆。今度は船岡山公園の近くにある”スープ屋さん”に行ってきた。外観はごく普通のお家、入ったら靴を脱いでお座敷に上がらせてもらいます。内装はすべて手作りで中アジア風インドっぽいの織物、ラグなどを飾られたりしている、ナチュラルな雰囲気溢れた店内です。程よい心地よさが気持ちいいです。メニューも手書きですが、辛さのレベルが動物の名前になっているのがカワイイ。トッピングの種類も豊富、納豆?餃子?まで驚くの物もある。自分は一番辛くないのを注文、スープを待っている間に、テーブルに置いてあるアジアのグッズを遊んだりする、いよいよスープのご登場です。なんと焦がしバジルスープの表面にたくさん浮かんでいる!見た目ちょっと、、、けどバジルの香りは満点ですよ、スープだけを飲むと少しシオカライのですが、黄色のターメリックライスはスープととても合う。

最近一直沉迷在咖哩濃湯的心情裡,於是上網查了一下美食導覽,京都只有六家有賣,於是找了個週末頂著烈日,繼續我的咖哩濃湯試吃活動。這次去的店名叫【湯店】,外觀看起來彷若是極普通的民家,進去之後拖了鞋上到塌塌米的座位上。裝潢幾乎是全手工,牆上裝飾了毛料毯之類的中東印度風格的編織品,總之是充滿自然風味的感覺,讓人可以很放鬆自在的或躺或坐或伸懶腰。菜單也是老闆自己手繪的,辣度分了十級,每級都用一種動物的圖案來表示,動物的名稱據說是北海道的愛奴語,所以我也有看沒有懂。濃湯的口味也相當豐富,連納豆鍋貼這種料想不到的組合都出現在菜單上。我點了辣度一,等待上菜的無聊空檔就玩著桌上的中亞小玩具,是一台小卡車跟小型的梵鐘。等了十分鐘,老闆娘終於笑吟吟的端了濃湯過來,沒想到濃湯的表面居然浮了滿滿的烤焦的羅勒(香料),看起來的確有點令人十不下嚥,,,,不過羅勒的香味相當濃烈沁鼻。整體來說濃湯顯得過鹹了一點,不過還好有黃色的薑黃飯,稍微緩和了鹹咄咄的濃湯。
[PR]
by toughkyo | 2005-07-31 03:54 | 私選RECIPE