<   2005年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
平和の光
a0021980_236434.jpg
この間広島旅行で訪ねた原爆資料館のことは心に深く残っている。悲しくなって言葉を失ったが、、、ちなみに、今日は台湾の228平和記念日でした。
おすすめ映画『天馬茶房
Support Free Taiwan!──「自由台湾 世紀の宣言
228為台灣點燈主題曲
[PR]
by toughkyo | 2005-02-28 02:28 | 特写EVENT
T.Yのゴミ場
一般大家對於垃圾場的印象總是脫不了負面形容,或是哪裡將興建新的焚化爐的時候,避之唯恐不急的當地居民與地方議員也會來一場劇烈且混亂的抗爭行動。是不是沒有人願意相信,垃圾場可以長得跟美術館一樣有氣質…。
a0021980_1281362.jpg
正面臨廣島灣,背面坐擁廣大市街的環境中工場,與丹下健三的平和紀念公園各据道路的兩端遙遙相望。鋁質白色方形量體的中央,撥開了一大面玻璃管道,從市街側貫穿至海灣側的巨大通道,接續了都市的軸線,彷彿是都市通往海洋的門戶象徵。清晰的霧光鋁版所框起的入口線條,莊嚴而且纖細。
a0021980_1284062.jpg
走進管狀通道大約十公尺,映入眼簾的是注入新鮮光線的挑高空間,超過三十公尺的大型銀色機械設備在櫥窗裡儼然並列。植物園?遊樂園的擬真設施?電影場景?雙眼仍舊會提出問號,世界上真的有這樣美的垃圾場嗎?
玻璃管狀通道的兩側,展示的是每天真實在運作的焚化爐設備、垃圾處理流程以及對於環境公害問題的解讀。通道後面四分之一的牆面鑲裝了類似船艙的圓窗,終點是一大面豎著白色細框的展望平台,眺望著遠處淡藍色的瀨戶內海。
a0021980_12918100.jpg
Architect/谷口吉生
Access/広島市中区南吉島1-5-1/見学自由9:00~16:30土日祝日休/広島駅から広島バス24番南吉島停留所下車
[PR]
by toughkyo | 2005-02-24 01:31 | 建築MODE
西遊記spring version
a0021980_0414855.jpg
期間限定『JR西日本パス』を使って三日間の旅に出かけませんか?新幹線乗り放題とかなり魅力的!何も考えずに春の旅を始めている~~
一日目:京都→新下関→下関→唐戸市場→小倉→博多
二日目:京都→広島→厳島神社→西広島→平和記念公園→環境中工場
三日目:京都→城崎温泉
という日帰りスケジュールで旅行行ってきたんだ。
疲労度DXです。しばらく禁酒することにします。
お土産判定:博多の通りもん☆☆☆☆☆☆
ただ今、旅の余韻に浸り中。
<PHOTO>
[PR]
by toughkyo | 2005-02-22 23:42 | 行楽JOURNEY
復甦的湘北高校
a0021980_18224475.jpg去年2004年8月10日,灌籃高手的作者井上雄彥先生自資買了全國六大報的全版廣告,用來慶祝且感謝灌籃高手銷售量達到一億冊,讓許多已經從青少年變成上班族的粉絲們感動萬分,官方網站也湧進了難以計數的感謝留言。井上先生為了答謝全球各地粉絲們的熱情,特地在神奈川縣借了一所已經廢校的高中教室,在教室的黑板親筆畫下了「完結篇的十天後」的「他們」--赤木晴子、三井壽、宮城良太、赤木剛憲、木暮公延、流川楓,以及櫻木花道―。完結篇的「湘北v.s山王工業」大戰還令人記憶猶新,那之後,大家都在作什麼呢?
知名的文化人物誌「SWITCH」最新號以SLAM DUNK―10 days after為主題詳細報導了這個活動企劃的始末,當然雜誌一上架也是發燒搶手,實體書店跟網路書店都賣到缺貨,聰明的出版社還趁時推出了那面令人感動到起雞皮疙瘩的「十天後的黑板」紀念商品一億套,一樣是狂銷不止,訂單已經大排長龍到兩個月後。
風靡一世的灌籃高手是幾年前的事情了?該不會兩隻手都不夠數吧?難免又會感嘆起那火箭般稍縱即逝的青春,當年演唱主題曲的BAAD也早就解散囉。

井上雄彥
SWITCH
[PR]
by toughkyo | 2005-02-17 18:25 | 奇妙JAPAN
純藍時光
a0021980_22301471.jpg
パッケージデザインがお洒落なのでたまたま買ったピュアブルー、イメージは爽やかなカクテルの感じですが、意外ときつい、こっくり。口当たりが良くてまろやかな味でした。しかも「台湾で仕込みから熟成までを行った麦100%のピュアな原酒を、富士の伏流水ですっきり仕上げました。」瓶のラベルに書かれている、なんだかプチうれしい気分ですね。今日はちなみに「アップルソーダ割り」です。これからもいろんなレシピを試してみようかな。
[PR]
by toughkyo | 2005-02-15 22:30 | 私選RECIPE
214實驗室報告
a0021980_2394022.jpg一年一度的巧克力大戰已經到了最後白熱化階段(難怪一直有人說情人節是百貨業想出的大陰謀),玻璃櫥櫃裡精緻可愛的巧克力,比起送人自己更是垂涎不已呢。去年被入學考試牽制,今年總算有時間自己動手作來展現誠意。說到這又得感謝巧克力業者推出的傻瓜DIY製作包,所有材料跟比例都調好,只要照著說明書的步驟,乖乖加上適量的牛乳跟奶油,放進烤箱二十分鐘就大功告成,即使再笨拙的人應該都可以平安無事的烤出有模有樣的巧克力。不過高中家政課每學期都勉強過關的塔芙真的非常沒有信心,還多買了兩包預防失敗,照片是晚上實驗練習的英式巧克力muffin,好像沒有想像中那麼難哩。
[PR]
by toughkyo | 2005-02-11 02:41 | 私選RECIPE
木乃伊之路
a0021980_2143181.jpg本週從報告的地獄逃脫出來之後,莫名其妙的迷上無印良品的零食。種類之繁多令人眼睛全亮,感覺是小時候擺在雜貨店裡,紅蓋透明塑膠統賣的那些小餅乾小零嘴,全被無印良品換上體面的包裝帶進了未來時空。會稱說它有未來感的原因在於那一塵不染的包裝,似乎是要隨著遠征外星球的太空人登梭用的,譬如既有記憶中應該是一大包的魷魚絲被擠壓裝在扁平鋁箔包裡,就知道那是多麼的不自然,覺得文明進步到有點變態的地步。
其中我最沉迷的速食湯塊(而且還有世界各國的名湯口味可選),當屬這些未來食品群的箇中翹楚。喝著洋蔥湯的時候彷彿也會精神錯亂偷偷幻想一下,我是不是正在燦爛的宇宙旅程裡忙裡偷閒。這種超現實感使人幾乎毫不考慮立刻向懶惰投降,所謂想要練習廚藝所以絕不吃速食食品的矜持也放棄殆盡,速食湯塊只需澆上200ml的熱水就能馬上享受熱騰騰美味,一定上癮。
[PR]
by toughkyo | 2005-02-10 23:10 | 私選RECIPE
春の歩みは近づいてきているようです
a0021980_233275.jpg
本日ついにレポートから解放されました!三日間連ちゃんで徹夜してしまったりして、すごく眠いはずなのに嬉しくてすぐには眠れません。とりあえず自分への頑張ったご褒美:暴食する。リプトンでかにや蓮根のスパゲッティやチョコパフェを食べて満腹したの後、またオニオンスープやたくさんの駄菓子を胃に入れた。とにかく食欲が戻ってよかった♪。
明日から自分がやりたいことがやれるのは幸せなことです。知り合いに頼まれたロゴデザインやHP制作の仕事、観たい映画もあるし、読みたい本もあります、、、久しぶりの友人らが京都に遊びにくる!ちなみに、世間もうバレンタインに向かって、チョコレート戦争真っ只中デス。今年初めて手作りチョコに挑戦してみたいですが、準備はなかなか大変だー、泡立て器とかボールとか、ゴムベラ、計量カップなど、全部揃わないと失敗しやすそうですね。(やはり工欲善其事、必先利其器でしょ)。ワァ~なんとなく緊張しますね。
[PR]
by toughkyo | 2005-02-07 23:07 | 塔芙MURMUR
節分の食卓
a0021980_2141180.jpg
最近レポートラッシュで毎日カツカツだったのです、午後はちょい息抜きで廬山寺の鬼踊りに見に行こうと思っていたんですが、すごい人ごみなので全然舞台の方に近づけないし、写真撮る場所もなかなか見つけなく、急に雪が降ってきて、手も足も冷え込んでいます…悔しいけど、結局途中で断念したんだ。
バスで四条に出て、おバケ仮装のパレードを見かけたよ。だいぶ昔「イベントがないと人生になれない」という話を聞いたことあるんですが、多彩な行事が催され、街で賑やかな節分…さすが京都やなぁ感心しました。
夕食は太巻きや福豆(マスクは猿似?)。太巻きを節分に食べるのは関西地方の風習らしいね。太巻寿司は本当は切らずにかぶりつくと1年間良いことがあると言われていますが、でもそれを知らずに切っちゃいましたぁ(^^;鬼面を付けたり、豆まきしたりする…と節分を満喫しました。
[PR]
by toughkyo | 2005-02-04 02:15 | 留学LIFE
壬生狂言
a0021980_1374418.jpg
這兩天是日本的節分祭,有點類似西洋萬聖節,許多神社都舉行各種除鬼消厄的祭典,像是吃炒黃豆退疫消災、上演狂言招福、甚至比較熱情的社區乾脆舉辦一場扮鬼臉遊行。在風水觀點上位居平安京裡鬼門位置的壬生寺,信仰厄除長壽,加上去年超紅NHK大河劇「新撰組」的推波助瀾,寧靜的寺區瞬間塞滿了小吃攤位,變成知名的觀光勝地。
a0021980_1371123.jpg
今年犯太歲的參拜者通常會買一種名為「炮烙」的陶盤,用毛筆寫上姓名年齡跟性別,然後交給寺方保管,等到四月壬生狂言上演的時候,這些陶盤會被敲破,敲破的同時也象徵了厄運被排除。
狂言簡單來說就是默劇。穿著逗趣戲服的演員頭戴面具,以誇張的肢體語言來表演。節分祭的戲碼也不外乎是除鬼的傳奇故事,譬如被鬼囉唆半天的女人,趁著鬼不注意的時候奪走他的隱形簑衣跟魔法小木槌,最後灑黃豆成功把鬼擋在門外,因此也有「鬼在外、福在內」這樣的俗諺說法。
[PR]
by toughkyo | 2005-02-03 13:07 | 京都ONLY