<   2006年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧
Cafe*1
a0021980_15195456.jpg
民宿住まい以来の食生活は、ほぼコンビニかマクド。やはり、女の子一人でも気軽に入れる店は限られているかなぁ気がする、目立つのは嫌やし。というわけで、CafEに行くことが増えてきた。昼も夜も甘いものばかりで、ちょっと胃もたれって感じもするやけど。この頃三条に出没することが多かったが、その辺のCAFE1軒をピックアップ。
席のバラエティーは豊富。ソファー席、白タイルのテーブル、カラー椅子、WOODY系など、その日の気分に合せて、お好みの席を選びましょうって感じ。それで、また行きたくなる。

OPAL http://www.cafeopal.com/
[PR]
by toughkyo | 2006-03-30 15:21 | 私選RECIPE
迴轉壽司
a0021980_1510456.jpg再度挑戰壞女孩極限,一個人大刺刺的闖進去迴轉壽司店。餓了一整天,狼吞虎嚥的程度大概類似剛好在路邊撿到三千塊終於可以奢侈一下的女流浪漢。不過受到注目禮的原因好像不是因為一個人,似乎是那堆得高高的十四盤…。
[PR]
by toughkyo | 2006-03-29 15:12 | 塔芙MURMUR
本格章魚燒
a0021980_14443189.jpg
關西的家庭必備-章魚燒鐵板。留學生活的最後,偶然有機會拜訪了一般的關西人家庭,體驗了道道地地的章魚燒晚餐。要烤得又圓且不燒焦,還真的需要一點小技巧。章魚燒的味道其實都大同小異,看很多小丸子在那邊翻來滾去才是最大的樂趣吧。總算也可以聳壁壁說一句到此一遊不枉關西了。
a0021980_14445851.jpg
はじめて関西の家庭に食事に招いて頂いた。関西といえば、定番のたこ焼き!ファースト体験。たこ焼きをくるくる回す、たのしかった。ソースかけるより、うどんだしにつけるのほうがおいしかった。

追伸:「この家は花が咲いたような」いままで頂いた言葉の中で、一番感動した一言だ。ありがとうございます。
[PR]
by toughkyo | 2006-03-28 14:40 | 塔芙MURMUR
旅人
a0021980_14394315.jpg
只不過是從舒服的家搬到小小的民宿,只不過是從留學簽換成觀光簽,一切應該不會有太大的改變。然而…還是發生了一點內在的變化,突然從居民變成旅人的身分,心理調適沒作好,有一種很難敘述的寂寞與不安。
騎著腳踏車在大街小巷亂踅一趟,沒有目的地,也沒有半丁點身為旅人該有的冒險精神。一切的風景都好熟悉,最後的複習顯得有點力不從心。
唯一的突破就是終於一個人去了牛丼店,點了薑燒豬肉飯。過去三年在房東的叮嚀下,信守「有教養的女孩子是不能進去那種地方吃東西的」之好人家女孩規矩,真的很害怕進去會被其他歐吉桑用眼睛掃描指指點點。不過搬家累壞的晚上,突然很想大口大口的扒飯,就顧不得什麼禮儀教條,幸好店裡只有一位上班族客人,我速速掃完那帶著可疑牛肉汁味的碗公,像是完成一項秘密任務一般,漂撇地走出店外。
民宿五塊塌塌米大,除了一套棉被跟噪音分貝數很高的暖氣之外,什麼都沒有。衛浴設備太簡陋熱水斷斷續續,最後只好選擇徒步去附近的錢湯洗SPA。有門限,午夜要熄燈,沒有網路,這裡無法提供夜貓族任何服務。早睡早起調養身體…。
大部分的房客都是老外,紙門格子窗,用手刮會有掉粉的粉土牆,竹簾天花板。大概可以想像老外們為何老喜歡往民宿跑的理由,這樣一處小斗室,可能真的可以感應到日本的禪意。
賴下來最大的理由是為了看櫻花最後一眼,結果櫻花都還躲在花苞裡,快給我伸出花瓣來阿!
[PR]
by toughkyo | 2006-03-28 13:58 | 塔芙MURMUR
空っぽ
a0021980_15515689.jpgなんにもない部屋。
Last nightだから、寝るのはもったいない。眠れないし。

激忙しかった今日一日。買取業者、引越し会社、宅急便、知り合い、郵便集荷の人々は来てもらって、荷物はついつい運び出された。部屋が一気に空っぽになって、残りスーツケースとボストンバッグ一個ずつ。台北に送るのは生活用品3箱、書籍5箱、ファッション関連10箱。頼むぞーー太平洋に船が沈まないように。。。

はじめてこの部屋に訪ねてきたときの記憶が、まるで昨日のことのように鮮明に思い出されてきた。カウンターっぽいのディナーテーブルに一目惚れ、ここに住む決意をしたという衝動賃貸し。
数時間後、ほんまにここから出ていくやな...。泣くよ...多分。

最後記念写真一枚を
[PR]
by toughkyo | 2006-03-25 05:01 | 塔芙MURMUR
夕陽無限好
a0021980_513061.jpg
卒業式の夕方、マンションの近くに見えたビッグオレンジの夕焼け。沈むまで信号に合せて何回も横断歩道に渡って撮れたけど、最後は1分も経っていないと思うのに、ほんと太陽が沈む瞬間は早い。
いよいよ明日引越しの日です。レンガ色のマンション、近所のCAFÉ、コンビニ、神社、スーパー、花屋さん、アンティーク、中学校、すべてすべて、大事に心に刻んでいく、たとえ老いてボケになっても、忘れません。この街の思い出はPriceless and fadeless。
いつか、また再会するよ。

畢業典禮的傍晚,在自宅前面大馬路看到了超大一顆橘色夕日。趁著他下山之前,配合著紅綠燈號的變換,屢次衝上斑馬線中央搶拍。結果最後沉沒的瞬間還是捕捉不及,明明紅燈應該沒有超過一分鐘的…。
明天是搬家日。磚色的公寓, CAFÉ,便利商店,神社,超市,花店,古董店,中學,這附近的全部全部,都將結實地烙印心版。即使有一天老了,癡呆了,都不會忘記這裏的風景。
關於這個地方的回憶Priceless and fadeless。
總有一天,會再會的。
[PR]
by toughkyo | 2006-03-24 05:03 | 京都ONLY
commencement
a0021980_157226.jpg長い学生生活にピリオドを打って、今日は卒業式です。晴れてよかったぁー♪。一生に一度の晴れ姿でお式に出席しました。
着物は初めてで気が引き締まるって感じ、何重にも巻き付けてすごい息苦しかったけど(^^;)、本当に着ただけですごく感動した。着物の醍醐味を実感し、これで、京都に住んでた意味が大きいと思います。
3年間の留学生活から得られた物は、とてもこのブログでは語り尽くせないほどで、京都で住みながら、学ぶ、遊ぶ、働く、見る、全神経を集中させて吸収したことを通して、日本文化を肌で感じるという貴重な経験をすることができた。
留学生活って、長い旅のようなものかもしれない。この旅の中で大変お世話になり、留学生の友人、大学での友人、先生、家主さん、バイト先の皆さん、その他数多くの人に感謝をしています。この方々と出会い、教えていただき、助けていただき、一緒に過ごした時間の中で、非常に充実した留学生活はまさにexcellent!
新たな旅立ちに乾杯!(-(o^▽^)o□☆□o(^▽^o)-) カンパイ♪

長達20年左右的學生生活終於在今天劃下句點。狠下心借了昂貴的hakama,一生就穿這麼一次,簡直跟結婚一樣隆重。hakama層層包覆壓在身上的重量可是挺驚人的,腰帶也是勒得人快喘不過氣來。可能就是這種無法大口大口的呼吸,無法大步大步走路的限制,才更顯現出和服它的魅力非凡。為了穿出和服的典雅與莊重,一定要打直腰身絕不駝背,加上衣服可能造成行動的部分不自由,使得每個身體動作都會自然而然慢了下來,禮貌跟謹慎被加倍實踐。總之,是一種很奇妙的,衣服與身體並行思考的過程。
持續感動著。彷彿透過這套西陣織和服,我可以擅自的證明,自己曾經當過三年的京都人。
[PR]
by toughkyo | 2006-03-23 03:48 | 留学LIFE
金刀比羅宮
a0021980_16582148.jpg
想參拜金毘羅,最好前夜睡眠充足養好體力,其次選一雙耐操舒服的球鞋。從入口到本宮為共有785階,若是要挑戰腳力極限的話可以繼續往上前進,到奥院為止共有1368階。金刀比羅宮鎮座在象頭山山腰,守護著瀨戶內海上船隻的安全。
上右 絵馬所 上方的照片都與海洋有關,整個空間顯得現代藝術性十足
上中 真的爬不動可以請轎子抬,但是抬轎的歐吉桑年紀也不小了…
上左 途中的鳥居,以為這裡就是入口,其實只有路程的二分之一
下右 來香川必吃的讃歧烏龍麵!!
下中 神社出品的清酒
下左 醬油冰淇淋! 又甜又鹹口感很妙~
a0021980_16583950.jpg

金刀比羅宮

補充推薦 : 書院裡面的水墨大師円山応挙的障壁畫,絕對有一賭為快的價值!
[PR]
by toughkyo | 2006-03-20 16:55 | 行楽JOURNEY
蔓橋
a0021980_6334165.jpg
引っ越しの荷造り最中ですが、昔仕事上で知り合ったI財団のおばちゃんから招かれて、バタバタと四国に遊びに行ってきた。日本三大秘境の一つと言われる祖谷に連れて頂いた。V字型に深く切り込んだ溪谷とその間に架けられているかずら橋はすごく迫力があり、今まで見たこともない絶妙な景色が目の前に広がっていた。
3年一度の橋の架け替え工事は先月に行われたばかりので、かずらの色は鮮やかで、吊り橋といっても揺れたりしないらしいで、さっそく料金を払って、向こう側まで歩いてみた。
a0021980_634359.jpg

踏み板に立った瞬間もう後悔し始め、どうしよう・・・。問題は踏み板の幅、と板と板とのすき間。幅は狭くて、すき間は明らかに広すぎる!子供か細身の人なら、そのすき間から落ちるちゅうねん!ワイヤーで補強してあるねんけど、やはりスリル満点!!!ちょうど雨で片手に傘、もう片手にカメラで撮影。ちょっと怖いですが、全長44メートルでぞくぞくしておもしろかった。
[PR]
by toughkyo | 2006-03-19 06:32 | 行楽JOURNEY
引越しパーティ
a0021980_134440.jpg最初で最後のパーティはタフ邸で行われました。準博士の皆様、ご来場ありがとうございました。
MARYさまの家庭風魯味(ルーウェイ:醤油煮込んだおつまみ)、Mちゃんの大奮闘好吃チーズケーキ、タフが初挑戦のお好み焼、ほか、ピーダン豆腐と胡麻豆腐の対決、とちょっと細いししゃも。
こんな食べてたら太っちゃうよ!と食後、すぐ体重計ではかってみたら、なんと3キロも増えていました・・不思議・・・。
一週間後に引越しだというのに、本格的な荷造りは全然やっていません、手続きや不用品処理の手配はバタバタで済んだけど、もう疲れるから箱詰めは明日しよ!!とか思うわけで、荷造りは全然進んでいません…。箱にばんばん入れるだけならすぐできるかも、しかし国際引越し屋さんの指示により、内容物の品名と数量を一々書かなあかんねん、めんどいーー(・∀・)これから毎日徹夜作業しなくちゃ。
いろんな思い、いろんな悩みをこの部屋で経験したなぁ。あと数日でバイバイするのこの部屋、ありがとう!この部屋の思い出も大事にしまって、新しい生活へ移行します。

今日のリクエストは中島美嘉の CRY NO MORE
[PR]
by toughkyo | 2006-03-16 01:28 | 留学LIFE