坪庭
a0021980_0525087.jpg
日本から船便で送った荷物、最後の一個今日無事に届いてきた。ここのところ忙しくて部屋に散らかったダンボールも今日やっと片付けることが出来た。すっきり。ふぅ~。
京都の雑貨屋さんに買ったミニ庭園セットはTVの上に置いといた。玉石の配置を考えたり、くまでで砂に模様を入れたり、すごく楽しい。すごく落ち着く。なんだか部屋の中に「京都」住んでいるって感じだろうか、見ただけで御守みたいな感じだろうか。

最後一箱從日本漂回來的行李,終於在今天抵達。行李抵達這件事,其實彷如我連著京都的臍帶遭到了切除。開箱整理的時候,泛著一種不輕不重的憂愁,跟惱人的梅雨一樣黏膩。在房間雜亂堆放許久的瓦楞紙箱,也終於全部清空,一掃霉氣。
在京都的zakka店買的迷你庭園,立刻拿出來擺在電視上當作鎮屋之寶。每天累到苦哈哈回到家,開燈,換裝,盥洗之後,整個注意力都集中在這奇妙的小砂石場。形狀大小各異的石頭要怎嚜擺,白砂要刮上什麼感覺,推玩這樣一個只比雙手大一點點的枯山水,心裡竟然獲得一種難以言喻,很大很大的平靜與安心感。可能是,對於京都的思念全傾灌在這小沙盤裡,也很自私的想像著,在小小的十坪套房裡,我豢養了京都。
[PR]
# by toughkyo | 2006-04-28 00:53 | 塔芙MURMUR
睡魔
a0021980_4454347.jpg仕事は二週目に突入です。忙しいプロジェクトに配属されて、毎日パソコンや図面と格闘している。学生から社会人へのギャップに戸惑うことが多かったことが、ここ数年の穴埋めには役立つし、仕事の出来上がりをイメージすると、なんだってがんばれるよ。
地下鉄+バス+徒歩通勤で会社まで50分。平日にはほぼ毎日終電まで働いるのでかなり寝不足で疲れぎみです。自由に使える時間がたいぶ減ったし、早寝早起きという生活サイクルはまだまだ慣れない。学生の頃はだらーと過ごしがち不規則な生活をしていたため、これだけが不安要素だったのですが。
携帯もふくめて、四つの目覚まし時計を部屋のあっちこっちに置いている、毎日寝る前一個一個アラームの設定とチェックはちょっと面倒くさいやけどな。睡魔撃退対策はこれで準備万全だとしても、予想外のトラブルは必ずある。
先日ワインを一本を飲んで、うっとりとしてしまった。ベッドすぐ側のアラームだけつけて、はい、明日B’Zの声に起こしてもらおうとぐっすりと寝た。(アラームの音楽はB’Zの曲にした)次の日、会社のお姉さんから「出勤催促のモーニングコール」の電話がきたとき、なんと10時だ。>_<(驚)。最悪。
社会人になって、時間の管理、体調の管理、モチベーションを保つ努力も、何事も、自己管理の徹底が基本ということを改めて実感したな。
[PR]
# by toughkyo | 2006-04-26 23:35 | 塔芙MURMUR
雙週刊
a0021980_334664.jpg
回台二週紀念。
被一堆親友揶揄【有必要那麼急嗎,你應該好好休息一下阿】的同時,居然也平安無事的度過上班族菜鳥第一週。高齡就職可真的是菜到不行,施工圖一張張攤開在眼前,看起來這麼會如此超現實。法規跟CAD都要從遙遠且模糊的記憶裡面把他們慢慢喚醒,一切採龜速匍匐前進,幾乎天天工作超過十二小時,新手上路,蠟燭兩頭燒哪。
週末下班前跟上司閒聊了一下。到了這種警笛大鳴的年紀,總是常被關心起人生大事的走向。常常收到這種普通拐彎式的問法:「還不下班?晚餐約會不會遲到嗎?」「這麼晚下班還要煮飯做家事很辛苦轟…」。然後接下來一問一答過關斬將,隱私的部份就大略的曝了一點光。
為了盡速轉移這太過核心的話題,就先下手為強問了上司一個模糊的問題。「對你而言結婚是什麼?」於是開會開到臉色慘白的上司有感而發的說「結婚前的感覺只是平面詳圖,從平面去想像剖面。但是結婚後呢,彷彿是你人生的浴廁展開圖,五十分之一的,每個細部被看得很清楚。」噢!是這樣嗎。好深奧哩。

另,今年的紅色炸彈已經接到第五顆。恭喜大家了。
[PR]
# by toughkyo | 2006-04-23 01:02 | 塔芙MURMUR
貝殼機
a0021980_12485653.jpg
お部屋探し一段落で、気分一転で新しい携帯を買いに行った。機能のこと全然気にしていない(っていうか今の携帯どうなっているか全く分からないし)、外観デザインや使い易さだけで決めた。ちょっと取扱書に目を通してみると、実はえらい機能つきの携帯だったそうです。とにかく、かけるとでるだけで十分やし、着うたもMP3もいらない、着信音も普通の電話音にした。
やっぱり、シンプルがいい。
[PR]
# by toughkyo | 2006-04-14 12:49 | 塔芙MURMUR
都會違和感
a0021980_1249563.jpg回台一週了。依然強烈的感到全身不對勁。整個身體、五官、精神、思想都還跟不上這個城市的節奏。這幾天覺得,彷彿自己誤闖入一個超大的打擊樂練習場,兩百萬人都奮力地在敲打自己擅長的樂器。不分晝夜,震耳欲聾。

路上車流的速度,店員講話的速度,天氣變化的速度,甚至髮廊小妹洗頭的速度亦是。整個台北,以超高頻率在旋轉運作。
聲音跟速度,塞滿了我措手不及,蠻荒的新生活。這個城市的味道,本來就是有點逞凶鬥狠。

台北變了,自己當然也變了。而且從學生的身分轉換成上班族,心理上產生了落差,以前所熟悉的模式都無法再套用。要重新建立屬於自己的生活居然會如此舉步維艱,戰戰兢兢。想跑,卻又很怕摔倒。
已經從美國回來一年的T幫我做了些心理輔導,這種回國慢性病可能真的只能靠時間慢慢治療,台北居大不易。
[PR]
# by toughkyo | 2006-04-13 23:23 | 塔芙MURMUR